クロマイ膣錠100mgが病院に行かないで通販で購入できる!

おりもののニオイ対策

女性の場合、生理以外の時期にも、ホルモンの影響で子宮や膣からおりものが分泌されています。

 

本来そのおりもの自体は無臭であるとされています。

 

ですが、排卵が近い時期や生理が終わった時期はおりものの量が増えるとともに、酸っぱいニオイのするおりものがある場合もあります。

 

それほど鼻がまがるような酸っぱいニオイがするわけではないですが、これは雑菌が繁殖してことによる影響だと考えられます。

 

デリケート部分が不衛生な状態になっていると、雑菌が繁殖しやすいので、おりもののニオイも強くなるのです。

 

そのため、おりもののニオイが気になる時には、デリケート部分を清潔に保つようにすることが大切です。

 

ビデの利用

 

例えば、シャワートイレであるなら、ビデを利用して汚れを洗い流すようにすれば、清潔を保つのに役立ちます。

 

おりものシートをこまめに交換

 

また、おりものシートを下着に付けておいて、こまめに交換すれば、下着部分を清潔に保つことができます。

 

おりものシートの中にはコットン素材の商品もあり、通気性も高く、肌にも優しい使い心地なので肌が弱い人にもオススメです。

 

デリケートゾーン専用の石鹸で洗う

 

入浴時にデリケートゾーン専用の石鹸で洗うようにすれば、抗菌効果や消臭効果があるので、おりもののニオイ対策にも最適です。

 

ストレスを発散させたり、疲労を蓄積させないようにする

 

この他、ストレスや疲労によって免疫力が下がることでも雑菌が繁殖しやすくなるので、おりもののニオイが発生することもあります。

 

それを防ぐためにも、日頃から上手にストレスを発散したり、疲労を蓄積させないように過ごすことも大切です。

 

ただし、おりもののニオイで注意しなければいけない時もあります。

 

おりものがかなり強いニオイがする時はできるだけ早く病院(婦人科)に

 

おりものが腐敗臭といったかなり強いニオイがする場合は、淋病、カンジタ、クラミジア、トリコモナス膣炎などの病気が発症している可能性があるからです。

 

鼻を背けたくなるような強いニオイがする時は、できるだけ早めに病院(婦人科)へ受診するようにしましょう。