おりもの 臭い

おりものが臭い時に効果がある方法 3選

女性のデリケートゾーンは、構造上、生理の経血、汗などが入り混ざって雑菌が繁殖しやすい場所なのです。

 

ですからおりもののニオイが気になりやすいという事が女性なら誰でもあるでしょう。

 

おりもののニオイは自分ではよくわかりますが他人にも気づかれているのではないかと心配になるのも当然です。

 

おりもの臭いに使い捨てのビデ

 

こういったおりもののニオイが臭い時に、もっとも効果がある方法は

 

使い捨てビデの使用です。

 

 

汚れがたまりがちなデリケートゾーンの奥の方まで綺麗に洗い流す事ができるので、いやなニオイのもとになる雑菌をしっかり流しすっきりと清潔にする事ができます。

 

使い捨てビデがいくらニオイ予防に効果的だと言っても使用頻度は1週間に一度ぐらいに抑えておく事が大切です。

 

毎日ビデでデリケートゾーンを洗浄してしまうと、良い菌である常在菌をも洗い流してしまうため却って雑菌が増殖しやすくニオイがきつくなることがあるのです。

 

ですから週に一度の使用をしっかり守る事が重要です。

 

使い捨てのビデは薬局やドラッグストアーで販売しています。

 

近所の薬局、ドラッグストアーで販売していない時は、通販でも販売しています。

 

使い捨てビデはこちらで販売しています。

 

デリケートゾーンの臭いを抑えるソープ

 

そのほか、デリケートゾーンの臭いを抑えるソープもネットのショッピングサイトで見つけることができます。

 

敏感肌にも穏やかに作用するので安心して使えますし臭いのもとになる雑菌をしっかり殺菌してくれるので、おりものの臭いも改善します。

 

おりもの臭いが治らない時は婦人科の診察を

 

こういったビデや薬用石鹸でのケアをしばらく行ってみても全く効果が無く、ニオイが引き続き気になる場合には

 

膣内の炎症(細菌性膣炎・カンジダ膣炎・膀胱炎など)や性病などが考えられます。

 

早いうちに婦人科の診察を受けるようにしましょう。

 

早めに治療すればすぐに治りますが、ずっと放置していると膣炎や性病などが悪化して治りにくくなってしまいます。

 

細菌性膣炎ならクロマイ膣錠(ジェネリックはハイセチン膣錠)などの薬を膣に挿入すれば治ります。

 

カンジダ膣炎ならカンジダ膣炎治療の膣錠の塗り薬で治療することができます。

 

膀胱炎は抗生物質などで治療することができます。

 

膣炎が悪化した場合、最悪の場合には不妊症の原因になることもあるので、常におりものの臭いには注意しておくのが望ましいと思います。

 

【人気記事】クロマイ膣錠について説明しています。